SEARCH GINZA ID

頼れる一着に香りの使い分けまで。ファッションマナー、お役立ちトピックス

頼れる一着に香りの使い分けまで。ファッションマナー、お役立ちトピックス

「フォーマルな洋服ってどこで探せばいいの?」「着用後のケアは?」「ヘアもアレンジしてみたいけど難しそう」…そんな悩みを一気に解決! 今回は「さまざまなオケージョンに対応する装い&香りの使い分け編」をお届け。


おなじみブランドの頼れるアイテム

年代問わず愛せるブラックの服や継続的ヒットを飛ばすドレス、デザイン性が高いセットアップなど。信頼がおけるあのブランドがつくる、オケージョン対応もバッチリな小技が効いたアイテムたち。装いから香りの使い分けまで。ファッションマナー、お役立ちトピックス おなじみブランドの頼れるアイテム セレナテラ

ほかの人と差がつくセットアップ

ドレッシーなノーカラージャケット×モードなオールインワンは、ありそうでなかなかない組み合わせ。ジャケットを起点にしたコレクションを展開する〈カバナ〉より。ジャケット ¥49,500、オールインワン ¥49,500(共にカバナ | アマン)/パンプス ヒール8cm ¥33,000(セレナテラ | ホールバイセレナテラ)

装いから香りの使い分けまで。ファッションマナー、お役立ちトピックス おなじみブランドの頼れるアイテム ビューティ&ユース×ソワリー

入荷すれば即完売するミニドレス

〈チノ〉らしいモダンなフォーマルウェアのコレクション。こちらは、大人気のケープ風ドレス。ドレス ¥49,500、パンツ ¥42,900(共にチノ | モールド)/イヤリング ¥16,500(ビューティ&ユース×ソワリー | ソワリー)/パンプス ヒール8cm ¥33,000(セレナテラ | ホールバイセレナテラ)

装いから香りの使い分けまで。ファッションマナー、お役立ちトピックス おなじみブランドの頼れるアイテム セレナテラ

ハンサムな佇まいも魅力

〈ザ・リラクス〉の人気アイテム、バルカラーが着想源のボトム。圧巻のワイドシルエットは、ハイウエストでもフラップを折り返しても着用可。立体的なハリが出る含浸ウールキャバを使用。パンツ ¥42,900、シャツ ¥28,600(共にザ・リラクス)/パンプス ヒール8cm ¥33,000(セレナテラ | ホールバイセレナテラ)

装いから香りの使い分けまで。ファッションマナー、お役立ちトピックス おなじみブランドの頼れるアイテム マメ クロゴウチ ベーシックス

洗練を極めたラインナップ

ブランドのDNAを受け継ぎつつ、潔い黒のみで展開する〈マメ クロゴウチ〉のベーシックライン。こちらは、コレクションを代表する一枚。高品質のシルクを使用した優美なデザインは唯一無二の存在感。ドレス ¥104,500(マメ クロゴウチ ベーシックス | マメ クロゴウチ オンラインストア)/パンプス ヒール8cm ¥33,000(セレナテラ | ホールバイセレナテラ)

装いから香りの使い分けまで。ファッションマナー、お役立ちトピックス おなじみブランドの頼れるアイテム ウォルフォード

ウエストがもたつく心配無用

高級レッグウェアのイメージが強いオーストリア生まれの〈ウォルフォード〉。実は、ファッション業界にはウェアラインのファンも多い。ユニークなボディスーツ型のシャツは、インしたウエストがもたつくストレスから解放される優れもの。思う存分パーティを楽しめる。シャツ ¥46,200(ウォルフォード | サザビーリーグ)


旅先で備えあれば憂いなし

軽くて、シワにならなくて、デザイン性があって。スーツケースには、旅先でのオケージョンやきゅうなイベントに対応できる一枚を忍ばせると安心。投入するだけで着こなしに華を添えるトップなら、間違いのない選択。

装いから香りの使い分けまで。ファッションマナー、お役立ちトピックス 旅先で備えあれば憂いなし シーエフシーエル

存在感抜群なベルスリーブ

ブランドの象徴的なデザインであるフレアスリーブのニット。ボトムとの組み合わせ次第で、カジュアルにもドレッシーにもマッチする。再生ポリエステル100%の素材は、洗濯機で洗えてシワにもなりにくい旅にはもってこいの一枚。ニット ¥35,200(シーエフシーエル | ロンハーマン)

装いから香りの使い分けまで。ファッションマナー、お役立ちトピックス 旅先で備えあれば憂いなし ラインヴァンド

贅沢なフリル使いが新鮮

かぶって着るタイプのフリルボレロ。ドレスコードがある場所へ行くとき、昼間は露出を抑えるのが鉄則。ノースリーブのワンピースやカットソーの上に重ねれば、優雅なムードとフォーマル感をプラスしてくれる。ボレロ ¥26,400(ラインヴァンド | ラインヴァンド カスタマーサポート)


香りの使い分けをおさらい

普段何気なく振っているフレグランスも、濃度や持続時間で違いあり。それぞれの特徴をあらためておさらい。目に見えないおしゃれこそ、相手への配慮を忘れずに。場にあわせて身につけよう。

装いから香りの使い分けまで。ファッションマナー、お役立ちトピックス 香りの使い分けをおさらい

エタノール濃度が高い順にオードパルファン、オードトワレ、オーデコロンと種類が異なる。濃いほどに香る持続時間も長くなるから、その日のスケジュールに応じて選ぶ参考に。振る位置も重要!嗅覚が鋭い朝は身体の下から漂うよう脇腹に、午後は手首や肘の内側、そして夜はうなじへと段々顔に寄せていくのがベター。また、大切な食事の席では香気が妨げにならないよう、レストランへ行く1時間前に身につけ、落ち着いた香り(=ミドルノート)にしておこう。外でつけ直すのにはソリッドパフュームもおすすめ。左から オードパルファン ドソン 75ml ¥23,980、オードトワレ ドソン 100ml ¥19,470、リフィラブル ソリッドパフューム ドソン 3.6g ¥8,030(以上ディプティック | ディプティックジャパン)

Photo: Wataru Kitao Styling: Maiko Kimura Hair&Make-up: Mika Iwata (mod’s hair) Models: Kaya Barrows, Solana, Tiara Text&Edit: Kanako Uchida, Nico Araki, GINZA

GINZA8月号バナー

GINZA2022年8月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2022年12月号
2022年11月11日発売

GINZA2022年12月号

No.306 / 2022年11月11日発売 / 特別定価880円

This Issue:
今、研ぎ澄ましたいのは
ヴィンテージ感覚!

ムードが高まる
新解釈ヴィンテージ

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)