SEARCH GINZA ID

GINZA女子の1ヶ月着まわし:2/29「日本語が不自由な瀬古井さん」

GINZA女子の1ヶ月着まわし:2/29「日本語が不自由な瀬古井さん」

2.29(sat)

今日は土曜日でお仕事お休みだけど、
早起きをしてメイクをして準備万端!
朝8時、北欧に食留学中の瀬古井さん
ビデオチャットで待ち合わせ。
元気そうでなによりです。

瀬古井さんとビデオチャット

土曜日でゆっくり寝ていたいけど、頑張って起きてメイクして〈エリナリベッシ〉のプルオーバーを着て、パソコンの前でスタンバイ。私の周りだけちょっときれいに片付けて、瀬古井さんとビデオチャットで待ち合わせ。北欧の斬新な食文化に刺激されていることを話す瀬古井さんだけど、「But it’s so 面倒くさい」とか「Oh my マジで?」とか、英語まじりの日本語に呆れちゃう。「最近俺、日本語忘れてて全然出てこないんだよね」だって。たった一週間でそれはそれは、満喫しているようでなによりです。

着まわしITEM

レインボーカットソー

レインボーカットソー

LA発のデニムブランド《マザー》のカットソー。ほどよく丈が短いところや、袖まで入ったレインボープリントにセンスを感じる。
レインボー カットソー¥16,000(マザー|サザビーリーグ)03-5412-1937

 

シマシマのプルオーバー

シマシマのプルオーバー

伝統的な手法を用いてつくられる、ギリシャのブランドのもの。襟ぐりや袖口が大きく取られているので重ね着はもちろん、夏は涼しく着ることもできる。
ピンクストライプ カバーオール¥12,000(エリナリベッシ|ビームス ウィメン 渋谷)03-3780-5501

 

リブニットパンツ

リブニットパンツ

なやかなニット素材のリブパンツ。ゆらゆら揺れる裾がとってもきれい。おそろいのトップスも買ったのでセットアップで着られます。
水色パンツ¥21,000(サイモン ミラー|エドストローム ショールーム)03-6427-5901

■このアイテムを使った他のコーデを見る
2月25日

 

◀︎前日のコーディネートを見る
翌日のコーディネートを見る▶︎

※この物語はフィクションです。
Text: Harumi Hino Styling: Nao Nakako Photographer: Okabe Tokyo(Model),Kaori Ouchi(Product) Hair&Make-up: Aya Murakami Model:REINA(SATORU JAPAN) Edit: Karin Ohira, Nico Araki

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)