SEARCH GINZA ID

買い物よ踊れ♡愛しの自腹ショッピングリスト

買い物よ踊れ♡愛しの自腹ショッピングリスト

スタイリスト、エディター、ライターの3人が実際に買ったもの、買っちゃう予定のものをご紹介。今回は “私的ブランニュー”なアイテムをセレクト。日々ファッションに向き合う彼女たちがワードローブに選んだ、ガチな精鋭アイテムはコレ!

 

私的ブランニューなアイテム

〈Loewe〉

「スコットランドの建築家兼デザイナー、チャールズ・レニー・マッキントッシュの世界観からインスパイアされた〈ロエベ〉のホリデーコレクション。こちらのストールは、マッキントッシュによる繊細なお花の絵をプリントしたパッチ付き。アートピースをデザインに絡ませたものって存在感があって好きなんですが、こんなナチュラルな落とし込み方もまた素敵。ボリュームも特徴的で、横にiPhoneを並べればその大きさは一目瞭然。暖かい日が多い今年の冬。コート代わりに大きなストールを巻く…そんなブランニューなスタイルにトライしたくなりました!」(エディターG)

 

モヘアブランケット¥155,000(ロエベ|ロエベ ジャパン カスタマーサービス 03-6215-6116)

〈A.P.C.〉

「〈アー・ペー・セー〉でヌーディなパンプスって新鮮。その意外性とか、クラシカルなデザインにぐっときました。ヒールが低めでどことなくカジュアルな雰囲気があり、デニムにも合わせやすい(デニムに合うことは私の靴選びの重要事項!)。女っぽいけど気負わず履けるパンプスってありそうでなかなか見つからないので買いかな!と。肌色になじむ、トーンを抑えた白も高ポイントです」(スタイリスト・木村舞子)

 

バックストラップパンプス ヒール5.5cm ¥45,000(アー・ペー・セー|アー・ペー・セー カスタマーサービス  03-3710-7033)

〈hum〉

「コスチュームジュエリーは色々持っているのですが、“繊細な一粒”以外のダイヤにはまだ手を出せていませんでした。そろそろ永遠の輝きが欲しい年頃。でもいきなりどーんとしたのを買うのもなかなか…と思っていたところ見つけた〈ハム〉のパヴェダイヤのリング。身近なブランドで、クオリティも文句なし。サークルの間から肌が見えるモダンなデザインも気に入っています。肌なじみのいいイエローゴールドの、ダイヤなしのタイプも素敵。どちらも手元を一気にグレードアップしてくれます」(スタイリスト・木村舞子)

 

ダイヤリング(K18WG×BD) ¥218,000、ゴールドのリング(K10YG) ¥74,000(ハム|ハム 伊勢丹新宿本店 03-3357-0508)

〈MARC JACOBS〉

 

「女の子のグランジファッションって大好き。中学生の頃、花柄にチェックにデニムと要素を自由にミックスさせて、けだるくポーズをとるスーパーモデルのスナップをよく眺めたものでした。なのでこの冬、〈マーク・ジェイコブス〉が「グランジコレクション」をリバイバルしたというニュースはなんだかキュンとする話。憧れつつもグランジガールを眺めているだけだった私が、ブランニューなアイテムに挑戦したいという意味で欲しくなったのが〈ドクターマーチン〉とコラボした10ホールブーツ。「Redux Grunge Collection 1993/2018 Marc Jacobs」の文字が刻まれたシュータンがスペシャルで気分を上げてくれます。キャミドレスとか、テロっとした素材に合わせたりして。自由なマインドで取り入れたい!」」(ライターM)

 

レースアップブーツ ヒール2.5cm ¥32,000(マーク ジェイコブス|マーク ジェイコブス カスタマーセンター 03-4335-1711)

〈3.1 Phillip Lim〉

「さらりと着ても、ニットやジャケットに重ねて襟を出して着てもかわいい〈3.1 フィリップ リム〉のピエロカラーブラウス。最近 “襟コンシャス”な服をよく見かけていて欲しいな〜と思っていたんですが、試着してみるとどうもしっくりこず。でもこのブラウスはフリルの入り方や細めのボウタイ、ストライプの色味が上品。ラブリーにならず、大人っぽく着られるのがGOOD! 普段はスタンダードな服ばかり手に取りがち。だからこそ、こんな上品な遊び心を含んだアイテムを持っておきたい。トレンド関係なく、スタイルの幅を広げる鍵となってくれそうな一着です」(ライターM)

 

ストライプブラウス ¥60,000(3.1 フィリップ リム|3.1 フィリップ リム ジャパン 03-5411-2870)

〈Acne Studios〉

「展示会で見てチャレンジしたくなった、シルバーの箔でコーティングされたインパクト大の〈アクネ ストゥディオズ〉ソックス。一見派手!と思うけど、履いてみると意外としっくり。ギラギラの色も、足元だとほどよいスパイスになるんですね。コーディネートに物足りなさを感じた時にさらっと投入したいです。履き続けていくとどんな感じになるんだろう。箔が割れて変化していくのかしら。それもまたおもしろいかも!」(エディターG)

 

メタリックソックス ¥7,000(アクネ ストゥディオズ|アクネ ストゥディオズ アオヤマ 03-6418-9923)

スタイリスト・木村舞子

ついに良い物件を見つけて12月に引っ越す予定。師走で仕事も忙しいし、引越しの荷造りもありバタバタですが、新しい部屋で気持ちよく新年を迎えられそうでワクワクしています!とりあえず何もすることがない1月2日はIKEAに行こうと意気込んでいます(笑)

エディターG

年末年始は贅沢にも海外で過ごす予定。なので、自宅のHDDの容量をたっぷり空けて録画の準備を。毎年恒例『クイズ☆正解は一年後』は録るとして、NHK-BSプレミアム『満島ひかり×江戸川乱歩』も必見!

ライターM

最近買ったヒットアイテムはちょっと奮発して買った羽毛布団。ふわっと軽いのにカラダに吸い付くような感覚があってなんかマシュマロみたい…。寝具にハマりそうな今日このごろです。

Photo:photomaker Styling: Maiko Kimura  Text: Yasuko Mamiya 

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)