この夏着たいのは“昔ながら”のゆかた。大人も満足の昭和のデザインから古典柄まで

この夏着たいのは“昔ながら”のゆかた。大人も満足の昭和のデザインから古典柄まで

着付けにお手入れ数々のハードルはあれど、やっぱり素敵な夏のゆかた姿。季節を迎え、様々な色柄のゆかたが街やお店を賑わせる中、今気になるのは昔ながらのゆかたです。エッジの効いた昭和初期のデザインや、日本で古くから愛されてきた古典柄など、ニッポンのデザイン力がぎゅっと詰まったゆかたの数々をご紹介します。


今も新鮮な昭和のデザイン

ゆかたといえば「紺×白」だった昭和初期。そんな時代にデザインされたゆかたをまずはご紹介。しっとり女性らしい柄はもちろん、粋なものからおとぼけ顔のものまで、今見ても新鮮なデザインがたくさん!

インパクトあるデザインのゆかたは、パキッとした色の帯やくしゅくしゅと結べる兵児帯など遊びの効いた帯とも好相性!

 

アートな古典柄

日本で古くから愛されてきた古典柄はゆかたでも人気のジャンル。続いてはそんな古典柄に今っぽさも加わった、まるでモダンアートのようなゆかたを紹介します。

主張のある色使いも古典柄なら品良くまとまります。大胆なデザインにもぜひ挑戦を。

Profile

大川 枝里子 おおかわ・えりこ

着物スタイリスト・着付け師。おばあちゃん的暮らしに憧れて、骨董市巡りと暮らしの手仕事に勤しむ毎日。着物や昔ながらの暮らしの楽しみ方を紹介するwebサイト「kifkifkifkif.me)」を運営。
instagram: @kifkif.me 

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年12月号
2019年11月12日発売

GINZA2019年12月号

No.270 / 2019年11月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ミュージシャンに夢中!

好きなミュージシャン
好きな曲

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)