SEARCH GINZA ID

GINZA女子の1ヶ月着まわし:1/9「自分に見合う仕事とは…」

GINZA女子の1ヶ月着まわし:1/9「自分に見合う仕事とは…」

1.9.(thu)

ギャラリストの仕事は、
アーティストとの交渉ばかりではない。
展覧会を成功させるための影の作業も大切だ。
そこから学ぶものも多いと思うけど、
うちの新人はそれが気にくわないみたい。

自分に見合う仕事について考える
インビテーションの名簿づくりや、プレスリリース、美術書の整理など、地味だけど大切な作業を新人にお願いしてアーティストとの打ち合わせへ出た。ギャラリーに帰ってくると新人が「もっと私の実力に見合った仕事をふってください!」とお怒りモード。「お願いした作業は難しかった?」と聞くと、「このギャラリーに入って、誰でもできるような作業ばかり!もっとギャラリストとして、私のセンスと経験が生かせる業務がやりたいんです」って。「そっか。分かった。でもね、小さな仕事の積み重ねが大きな仕事の第一歩なんだよ」となだめると、返事もしないで自分の席に戻っていった。

着まわしITEM

プリントノースリーブTシャツ

アンポータブルのプリントノースリーブTシャツ
2019年AWからスタートしたブランドのノースリーブTシャツ。一枚一枚白ボディーにカラープリントを行なった風合いのあるユニークなアイテム。差し色として力を発揮!
タンクトップ¥12,800(アンポータブル|ディアゲスト) 03-6452-6855

■このアイテムを使った他のコーデを見る
12月24日 1月6日

 

ケーブルセーター

ネストローブのケーブルセーター
チチカカ湖畔にあるブーノという街とその集落で編まれたハンドニット。ボトムとバランスのとりやすいショート丈。たまにはふわっと女の子らしいセーターで気分を上げましょう。
セーター¥26,000(ネストローブ|ネストローブ 表参道店) 03-6438-0717

 

黒プリーツスカート

ハイクの黒プリーツスカート
黒いロングプリーツスカートは、いろんなシーンで活躍してくれる心強い味方。細やかなプリーツがコーディネートに奥行きを与えてくれます。
スカート¥38,000(ハイク|ボウルズ) 03-3719-1239

■このアイテムを使った他のコーデを見る
1月2日 1月6日

 

ストレートチップシューズ

サンダースのストレートチップシューズ
憧れの〈サンダース〉をゲットしました。ストレートチップのつま先に宿る英国の気品にクラクラします。足元が決まるとコーディネートも決まる。
シューズ¥46,000(サンダース|グラストンベリーショールーム) 03-6231-0213

■このアイテムを使った他のコーデを見る
12月23日 12月24日 12月26日 12月27日 12月28日 12月30日 1月3日 1月4日 1月6日 1月7日 1月8日

 

◀︎前日のコーディネートを見る
翌日のコーディネートを見る▶︎

※この物語はフィクションです。
Text: Harumi Hino Styling: Nao Nakako Photographer: Okabe Tokyo(Model),Natsumi Kakuto(Ploduct) Hair&Make-up: Aya Murakami Model:Dona(BARK in STYLe) Edit: Karin Ohira, Nico Araki Cooperation: MEGUMI OGITA GALLERY

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)