SEARCH GINZA ID

昼も夜も通いたくなるバール&トラットリアの新星【代々木八幡:1500】

昼も夜も通いたくなるバール&トラットリアの新星【代々木八幡:1500】

NEWLY OPENED
“FOODIE”なあの人を誘って

#05
1500
ミレチンクエチェント
[代々木八幡]

昼も夜も通いたくなる
バール&トラットリアの新星

代々木八幡駅から歩いてすぐの場所で、小さなイタリアと出合った。エントランスをくぐると愛らしいドルチェが並ぶショーケースが出迎えてくれて、思わず見とれる。1階はカウンターを設置したバールと菓子を販売するパスティッチェリア。朝はエスプレッソやカプチーノ、昼はパニーニ、夕暮れどきにはアペリティーボと、1日を通して自由に過ごすことができる。

重厚な階段を上がると、2・3階はシックな内装のトラットリアに。真っ赤なソファと壁にかけられたゴブラン織のタペストリー。カンツォーネが流れ、まるで現地に来たようだ。

オーナーのヤマモトタロヲさんは、「ヨヨナム」など、複数のレストランを営んでいるけれど実はイタリアンが一番好きなのだそう。ローマで育ち、ミラノなどで修業したパティシエの磯尾直寿さんとの出会いをきっかけに、満を持して「1500」をオープンした。

「日本風にアレンジしすぎず、昔ながらの郷土料理を再現したい。この辺りにはそういうお店はなかったですしね」と、ヤマモトさん。本場から素材を取り寄せ、調理法も忠実に。卵とチーズを使った「貧乏人のパスタ」など、素朴でやさしい味わいの皿が多い。すりたてのカラスミが絡んだパスタも必食だ。メインはボリュームのある炭火料理。豊西牛の肉厚なリブロースは、香ばしくジューシーな味わい。

フィレンツェをイメージした非日常の空間に、旅好きのあの人を誘ってみない?

1500

ランチセットは4種あり 各¥1,000。1階では15時から小皿料理も提供する。3階は半個室(要予約、利用料 ¥2,200)。

住所: 東京都渋谷区元代々木町4-2
営業時間: 9:00〜23:00(トラットリアは17:00〜23:00)
Tel: 03-5738-8821
定休日: 不定休

Photo: Kenya Abe Text: Kahoko Nishimura

GINZA2022年7月号

GINZA2022年7月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2022年9月号
2022年8月10日発売

GINZA2022年9月号

No.303 / 2022年8月10日発売 / 特別定価860円

This Issue:
クリエイターの頭の中を空想トリップ!
アニメを創る人たち

興味がある人もない人もすぐに観たくなる
アニメーションクリエイターガイド!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)