SEARCH GINZA ID

ホームパーティの手土産ガイド。持ち寄りの定番、シャルキュトリ5選

ホームパーティの手土産ガイド。持ち寄りの定番、シャルキュトリ5選

食欲の秋、ホームパーティの秋。 どんなものを持ち寄るべきか、 それは永遠の課題。 ならば、ここはもう 〝食のプロ〟に聞いちゃおう! 東京で話題のレストランや カフェの皆さんに聞いた、 とっておきのあれやこれ。 テイクアウトあり、お取り寄せあり。 ああ、お腹が鳴るー!

つまみにもメインにもなる
持ち寄りの定番、 シャルキュトリ

「キャメルバック サンドウィッチ&エスプレッソ」成瀬さん推薦

「シャルキュトリ ア トキオ」の シャルキュトリ詰め合わせ

約5000円相当の詰め合わせ。予算や好みに応じて相談可。左上から時計回りに:「コッパ」100g ¥1,700、「田舎風 豚のパテ」100g ¥724、「白カビのサラミ」100g ¥1,435、「トゥールーズのソーセージ」100g ¥483、「モンベリアールのソーセージ」100g ¥522*すべて税込み

「気がきいていて、どんなシーンや場所でも喜ばれるのがシャルキュトリの詰め合わせ。ここはメンバーや予算に合わせて詰め合わせや盛り合わせを用意してくれます。ナチュラルワインやクラフトビールとも好相性」

「シャルキュトリ ア トキオ
住所: 東京都渋谷区神宮前2-6-6 秀和外苑レジデンス104
Tel: 03-6804-2971
営業時間: 12:00〜20:00(土日〜18:00)
: 月
charcuterie.theshop.jp *取り寄せ可

「ソン デコネ」渋谷さん

「松㐂」藤澤進大郎さん
推薦

「オーボンヴュータン」の シャルキュトリ

フランス菓子の巨匠、河田勝彦氏のパティスリー 「オーボンヴュータン」。3年前、本店がリニューアルする際に次男・力也さんによるシャルキュトリが新設。上:「パテ アン クルート」100g ¥590 下右:「パテ ド カンパーニュ」100g ¥460 下左:「ソーシス オー ゼルブ」¥460

「まず、パリ在住時代から付き合いのある作り手の人柄が好き。彼のシャルキュトリは脂の量や塩・こしょうの加減が絶妙で、優しい味。僕にとってフランスの味はこれ。特にパテ アン クルートとソーセージが好きです」

「パテ ド カンパーニュは素朴で親しみやすい味。ソーセージはハーブ入りが好み」

オーボンヴュータン 尾山台店
住所: 東京都世田谷区等々力2-1-3
Tel: 03-3703-8428
営業時間: 9:00〜18:00
: 火水

「ブリコラージュ ブレッド アンド カンパニー」生江さん推薦

「メツゲライクスダ」のシャルキュトリ

「ギフトBセット」(定番人気の4商品=ベーコン、腸詰ソーセージ、チキン又はスモークタン、ハムの詰め合わせ)¥5,200*税込み 

「ギフトでいただいて初めて食べた時には、これほどおいしいシャルキュトリが日本にあるとは想像だにしておらず、輸入物かと思ったほど。もちろんお取り寄せもいいですが、芦屋のお店でかぶりつく熱々のホットドッグは最高」

「メツゲライクスダ」
metzgerei-kusuda.com

「マルタ」石松さん 推薦

「セラーノ」の生ハム

添加物を使わず、国産の豚と塩だけで作る生ハム。定番の銘柄豚3種類を組み合わせた全7点のセット。「生ハムスライスセット」¥5,000*パックは各30g

「自然乾燥で長期熟成させる生ハムは、麹の香りと旨みがたっぷり。40年近く研究し続けている創業者、尾島博さんの真摯な想いの賜物。お会いしてみると尾島さんは82歳と思えないほどパワフルで、熱意とエネルギーに圧倒されました」

「セラーノ」
 serrano-shop.com

「コーネル」菊池さん推薦

「エレゾ パーティー」の 「蝦夷鹿モルタデッラ」

「蝦夷鹿モルタデッラ」100g ¥1,000

「『エレゾ社』では狩猟から解体、熟成、加工など食肉にまつわるすべてを一貫管理されています。作り手として、最初から最後まで責任とこだわりをもって食材と向き合う姿勢を尊敬しています。シャルキュトリ製造部門の『エレゾ パーティー』の製品のなかでも特に好きなのがこれ」
(「コーネル」菊池さん)

「エレゾ パーティー」
elezo.shop-pro.jp

選んだのはこの方々!

「キャメルバック サンドウィッチ&エスプレッソ」
サンドウィッチ担当 成瀬さん

サンドウィッチ担当の成瀬隼人さんとコーヒー担当の鈴木啓太郎さんによるコーヒースタンド。5月末に新店をオープン。
東京都渋谷区神山町42-2 1F Tel: 03-6407-0069

「ソン デコネ」
オーナーシェフ 渋谷将之

フランスで10年過ごしたのち、昨年帰国した渋谷将之さんがオープン。“今”のパリを体現する自由なフレンチが味わえる。
東京都渋谷区松濤2-13-10 Tel: 03-6479-4625

「松㐂」
オーナーシェフ 藤澤進大郎さん

共に都内の人気ビストロで腕を振るった藤澤進大郎さん、侑子さん夫妻によるフランス料理店。飾らない雰囲気が人気。
東京都中野区中野2-23-3 Tel: 070-3274-3730

「ブリコラージュ ブレッド アンド カンパニー」
シェフ 生江史伸さん

東京の名フレンチ、大阪の人気ブーランジェリー、オスロ発のコーヒーショップがコラボ。
東京都港区六本木6-15-1 六本木ヒルズ けやき坂テラス1F 03-6804-1980(ベーカリー)

「マルタ」
シェフ 石松一樹さん

地域の生産者によるオーガニックな食材をいかした薪火料理を提供する一軒家レストラン。ほかのゲストと大皿をシェアするスタイル。
東京都調布市深大寺北町1-20-1 Tel: 042-444-3511

「コーネル」
料理係 菊池隆樹さん

看板なし、メニューなし、電話番号なし、名物は水餃子と洋風おでんというユニークなイタリアン。口コミで話題を集める。店内で捏ねるパンとパスタも人気。
東京都渋谷区神南1-9-5 2F Tel: なし

Photo: Toru Oshima Illustrati0n: Kenro Shinchi Text&Edit: Naoko Monzen

GINZA2018月11月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年12月号
2020年11月12日発売

GINZA2020年12月号

No.282 / 2020年11月12日発売 / 予価850円(税込み)

This Issue:
新鮮なアイテムが必ず見つかる!
メンズ服の可能性

いま気になるのは
メンズファッション

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)