俳優・岡山天音インタビュー:GINZA編集部が今会いたい!

俳優・岡山天音インタビュー:GINZA編集部が今会いたい!

人見知りの僕にとって、役者の仕事には
ちょうどよい“人との距離”があります

デビュー作はNHKで放送されていたドラマ『中学生日記』。舞台である名古屋市周辺に住む本物の中学生を公募して出演者を決めるという、リアリティにこだわった制作スタイルが話題を呼び、50年も続いた人気シリーズだ。東京で生まれ育った岡山さんは、生徒役が全国で募集されることを知り、自ら応募したのだという。

「友達がなかなかできなくて、学校もあまり行ってなかった僕が、唯一、ワクワクしながら自分の意志で突き進めたのが『中学生日記』のオーディションでした。ずっと好きで観ていた番組だったし、人の視線ばかり気にしていた自意識よりも、やってみたいという好奇心が勝ったんだと思います」

オーディションの結果は、見事合格。漫画家を夢見る15歳の岡山天音、本人役を演じることになる。しかし、少しでも人の記憶に残ればと、軽い気持ちであてたパーマによって個性派のキャラクターが定着してしまったのは想定外だったよう。本当はサラサラの直毛なのに、それから3年ほど、パーマの宣材写真の時期が続く。

「僕のことをデビュー当時から知る方には、いまだに『あれ、ストレートパーマかけたんだね』って言われるんです(笑)」

と、はにかみながら話す岡山さん。実際は、どんな学生生活を送っていたのだろうか。

「運動会の日が来ると、大勢の人の前で走って負けるのが嫌で、自分の出番前によく隠れていました。それがクラスのちょっと悪い奴らに見つかって怒られて、また凹んだりして……。授業中、先生に当てられて教科書を読む時も、恥ずかしさと緊張で気絶しそうになったのを覚えています。落ち着くのは、一人で家にいる時間でした。これはいまも変わってません。漫画を読んだり、映画を観たり、絵を描いたり。なかでも『鉄コン筋クリート』や『ピンポン』など、松本大洋さんの漫画は大好きで夢中になっていましたね」

そんなにも引っ込み思案で人見知りだった少年が、スクリーンや舞台で大勢の観客を前に自分を表現することに抵抗はなかったのか。

「最初はやっぱり恥ずかしかったです。初めての舞台挨拶の時なんか、うまくしゃべれなくてしどろもどろになってる僕に、客席から『頑張れ〜!』って声が飛んできて、でもそのお客さんはほとんど主演女優さんのファンってことを知り、情けなくなりました(笑)。いまでも、撮影現場では相変わらず人見知りなんですけど、役者の仕事って、作品ごとに新しい方たちと出会って、撮影が終わるとまたしばらく会わなくなって、の繰り返しじゃないですか。毎回新鮮な気持ちで人と出会うことができるから、僕にとっては、ちょうどよい距離感なんです。同じ職場で、同じ人たちと何年も一緒に働くような仕事は、僕にはまったく向いていなかったと思います」

2017年、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』への出演が決まる。主人公みね子が住む「あかね荘」の隣人であり、漫画家の卵、新田啓輔役をチャーミングに演じた。10代の頃に漫画家に憧れていた少年が、朝ドラの世界の中で夢を叶えたのだ。お茶の間にも一気に顔を知られることになったが、何よりうれしかったのは母のリアクションだったという。

「僕の母は朝ドラが本当に好きな人で、毎日朝ドラを観て、泣いて、それから仕事へ行ってたんです。母に出演が決まったと伝えると、今まで見たことがないくらい喜んでくれて、確か、ぴょんぴょん飛び跳ねていた気がします。その姿を見て、俳優を続けててよかった、と思いました」

俳優生活10年の節目となる今年は『I”s』『ゆうべはお楽しみでしたね』『ヴィレヴァン!』とすでに3本のドラマで主演を務めた。『デザイナー 渋井直人の休日』では、光石研さん演じる渋井さんのアシスタント杉浦ヒロシ役を好演。初の主演舞台『ビビを見た!』では、盲目の少年という難役に挑戦した。追い風を感じずにはいられないはずだが、「10年って、なんかもっと胸張れる感じが理想ですよねえ」と苦笑い。なかなか現状に満足しないこの慎ましさもまた、岡山天音の魅力なのだ。最後に、どんな人物に憧れるのか、尋ねてみた。

「光石さんと共演させていただいて、あらためて、本当にカッコいい人だなと思いました。あれほど経験豊富なのに直前まで何度も台詞を練習している姿が印象的で、主演のご本人が一番大変だということを一切感じさせず、いつも僕とか周りのスタッフさんを笑わせて、現場を和ませてくれる。渋井さんの背中を見つめる杉浦君と自分を重ねながら『自分もこんなふうに尊敬される役者になりたい』と思いました。憧れでいうと、もうひとつ。最近、日本のラップをよく聴いてるんですが、枠にはまらず、自分のスタイルを確立している人は魅力的だと思います。ラップに惹かれるきっかけになったのはKOHHさん。彼のことをはじめて知った時、青い髪で、タトゥーが入ってて、強烈なセンスを感じました。リリックも《貧乏なんて気にしない》とか《タトゥー入れたい》とか、ストレートな言葉の中に本人の力が宿っていて、聴き入ってしまうんです。KOHHさん含め、カリスマ性のあるミュージシャンの方を見ていると、Tシャツにデニムでも、どんな服を着ていても、本人が服に勝っているから、それだけで成立してしまうんですよね。カッコいい人に共通するのは〝人間力〟なんだな、と最近ようやく気づき始めました」

 

俳優の岡山天音

シャツ ¥31,000、中に着たシャツ ¥35,000、パンツ ¥42,000、シューズ ¥54,000(以上コム デ ギャルソン・オム | コム デ ギャルソン)/ソックス*スタイリスト私物

岡山天音 おかやま・あまね

1994年東京都生まれ。中学生の時に『中学生日記』に応募し、見事オーディションに合格。2017年、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』に出演。19年は、ドラマ『I”s』『ゆうべはお楽しみでしたね』『デザイナー 渋井直人の休日』『ヴィレヴァン!』、映画『新聞記者』など出演作多数。9月にはthe pillows30周年を記念した映画『王様になれ』が公開予定。

Photo: Yasuhide Kuge Styling: Sumire Hayakawa (KiKi inc.) Hair&Make-up: Naoko Morishita Text: Satoko Muroga (RCKT)

GINZA2019年8月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年12月号
2019年11月12日発売

GINZA2019年12月号

No.270 / 2019年11月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ミュージシャンに夢中!

好きなミュージシャン
好きな曲

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)