タイポグラフィ・デザイン界の巨匠がGINZAに登場! ネヴィル・ブロディ氏インタビュー : Fashion meets Typography 前編

タイポグラフィ・デザイン界の巨匠がGINZAに登場! ネヴィル・ブロディ氏インタビュー : Fashion meets Typography 前編

30年以上にわたり多大な影響を与え続ける、デザイン界の巨匠、ネヴィル・ブロディ。彼とアソシエイツが今回GINZAのために8ページを特別にレイアウト。「○○を疑え」という挑発的なテーマを、オリジナル書体を使い、大胆かつ緻密に配置した、ファッションとタイポグラフィの素晴らしき邂逅。本誌では収まりきらなかった、ネヴィル氏のインタビューを全文でお届けします。

(トップ画像のトートは今回のネヴィル氏とGINZAとのコラボを記念して作った限定アイテム。代官山蔦屋書店の書店フロアで展開している「GINZAガールの家」で発売中です。11/18まで)

 

((前編))

Q1

 

ネヴィルさんは、レコードジャケット、雑誌、新聞、webやCIロゴとさまざまな媒体を表現の場として活躍されてきましたが、タイポグラフィを生み出す時は、読みやすさ(legibility)との兼ね合いがつねに生じると思います。

他媒体と比べて、今回のようなエディトリアルデザインにおけるタイポグラフィの意味やあり方、気をつけている点を教えてください。(例:The Timesは読みやすさを念頭に置くが、雑誌の場合は写真とのバランスやインパクトを重視する…etc)

 

媒体ごとに求める表現(の再現方法)は異なるもの。印刷物であればインクと紙の相性が重要ですし、デジタルであればデスクトップとモバイルのスケール感が重要。スケール感、プラッ トフォーム、オーディエンス(受け手)がつねに重要です。

今回の「タイポグラフィを疑え!」では、タイポグラフィが物語の一部となり、読者によりエモーショナルな体験をさせ、タイトルの裏にある「自身を疑え」というコンセプトを共有させる役割を果たしています。

 

 

Your works have always been diverse in terms of types of media such as designing magazines, newspapers websites, CI and so on. We would imagine you have thoughtfully designed and supplied typography suitable (legibility) and effective (visual effect) for each media.

For editorial design, like this special editorial project for GINZA, what is the role of typography and what are the things you carefully pay attention the most? (for example, project for The Times need strong focus in legibility whereas magazines would need more visual impact?)

 

Each media requires a different response. For print, you have to consider the effect of ink of paper, and in digital, the scaling of the screen from mobile to desktop. Scale is always important, platform is always important, and audience is always important.

For the GINZA project, typography is part of the narrative and effects how the reader experiences the story. It is a way of engaging the reader in a more emotional way, and sharing the underlining theme, which is about a bold questioning of ourselves.

 


Q2

 

今回のテーマが「Fashion × Typography」なのですが、タイポグラフィがファッションにもたらす利点は何だと思いますか?音楽とタイポグラフィの親和性とは異なる、ファッションとタイポグラフィの親和性はどこにあると思われますか?

 

デザインやファッションの歴史において、タイポグラフィとファッションが絶対的な関係性に置かれたことはなかったと思います。タイポグラ フィは、アートとの関係性のように、あくまでファッションをサポートする立ち位置。雑誌『The Face』(AD:ネヴィル・ブロディ)や『Arena Homme +』(AD:ブロディ・アソシエイツ)は例外的にタイポグラフィがファッションをサポ ートする以上の役割を持っていました。他にも『Vogue Italia』やアート・ディレクター Fabian BaronやM/M Parisは、タイポグラフィとイメージの境界を超えるような挑戦をエディトリアル的なプロジェクトで展開しています。

 

the face
THE FACE

homme+

Arena homme+

 

ファッション広告の世界では、タイポグラフィは小さな存在ですが、もっと中核的でエキサイティングな存在になれると思います。最近、中国人ファッションデザイナー Masha Maとコラボをし、私がデザインしたアブストラクトなタイプフェイス(書体)を起用したコレクションを発表したり、Supremeのコレクション (S/S14)とコラボしたり、イングランド代表のユニフォームのためにタイプフェイスをデザインするなど、タイポグラフィがファッションのコアなデザイン要素になるプロジェクトを多数手掛けてきました。

 

masha ma 

Masha Ma

 

The theme for this editorial project is “Fashion x Typography”. Can typography give any effects to fashion? Typography is often in the good relationship with music, do you think there is an affinity between typography and fashion?

Historically I don’t think there hasn’t been a strong tradition between typography and fashion. Typography tends to play a supporting role to fashion, as it does in art. There are some exceptions however, as I tried with The Face or as part of the Brody Associates team on Arena Homme +. There are also other titles like Vogue Italia or other Art Directors such as Fabien Baron and M/M Paris who are pushing boundaries within typography and image. These are editorial responses. Within the world of fashion advertising, typography is almost invisible. However, there is potential for typography to play a more central and exciting role. We recently worked with top Chinese designer Masha Ma, in which we created an abstracted typeface on which the collection was based. We have also worked on a capsule collection for Supreme (S/S14), which was largely type based, or our England football kit for Nike where the typeface we created was central to the overall apparel design.

 

 

 


Q3

 

今回、ファッションと言葉のテーマを「常識を疑え」と掲げ、撮影に臨みました。根底には固定概念をひっくり返し、様々な角度から物事を見つめたり、多様性を肯定したり、といった思いがあるのですが、ネヴィルさんがデザインする際に最も心がけていることは何ですか?

 

デザインする上で必要なのは、明確な答えを提示することよりも受け手が対面する曖昧な状況から一歩先に進めさせるようなこと。広告戦略の場合、答えを明確にしたデザインが求められるけど、私はそれを好みません。詩はさまざまな解釈が可能で、そこから異なる物語が生まれるオープンスペースのような性質がある。私のデザインは、受け手が自ら問い正すスペースを意図的に残し、完全にコンプリートしていないものが多いのはその理由から。今回の「ステレオタイプを疑え」というテーマと同じ考えなんじゃないかな。

 

 

We have made shooting with the concept “Doubt your stereotype”, the headline copy for the article, to demonstrate the relationship with fashion and typography. The idea of the concept came from our vision and statement for the readers to get rid of any stereotype and encourage the readers to see the real value or see its diversity, see what it is behind the outlook which hopefully support and educate the readers. Are there any theme or concept that you always embrace when you design?

 

The way I design is not about dictating a response but by engaging the viewer and reader through a level of ambiguity. I will not decide a response for the reader, as this is more the strategy of advertising. Poetry is an open space where differentinterpretations bring different meaning to the narrative. I always try and leave an open question in my work which means it’s never in a totally fixed form. This is a strong parallel, I believe, with your theme “Doubt your stereotype”.

 

後編はこちらから
Fashion meets Typography ネヴィル・ブロディ氏インタビュー タイポグラフィ・デザイン界の巨匠がGINZAに登場! 後編


 

ネヴィル・ブロディ 編集部にて

Neville Brody ネヴィル・ブロディ

デジタルデザイン、タイポグラフィ、アイデンティティ等の総合的 デザインを手がける。クリエイティブエージェンシー、ブロディ・アソシエイツ代表。 Royal College of Art コミュニケーション学部長。世界中のデザインおよび教育の機関にてレクチャーを行う。

brody-associates.com/


 

Cooperation&Translation: Kotoko Koya(Brody Associates)
Edit: Mika Koyanagi

GINZA2016年11月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年10月号
2019年9月12日発売

GINZA2019年10月号

No.268 / 2019年9月12日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
知りたいのは IN&OUT ワードローブ計画 2019AW

秋冬は何を着ればいいの?
知りたいのはINなスタイル!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)