SEARCH GINZA ID

ナチュラル風味とアートピースの共存|クリエイターたちの快適空間に潜入 vol.1 クリエイティブプロデューサー・後藤あゆみさん

ナチュラル風味とアートピースの共存|クリエイターたちの快適空間に潜入 vol.1 クリエイティブプロデューサー・後藤あゆみさん

独創的な活動を展開している人たちは自宅もオリジナルな魅力たっぷり。個々の感性が作る心地よいインテリアが素敵な暮らしを覗いてみました。


ナチュラル風味とアートピースの共存

後藤あゆみ
クリエイティブプロデューサー

枝ものの植物を余裕で飾れる天井の高い室内。花を扱う仕事も手がける後藤あゆみさんの住まいは、グリーンと軽やかな木目が温かみを添える、モダンなデザイナーズ物件だ。ひときわ目を引く身長ほどあるマクラメ編みは、鉢植えを飾れるプラントハンガーで、店頭のディスプレイ用を頼み込んで譲ってもらった。

「デスクで作業していて振り返った時に目に入るのが心地よい景色であってほしくて、窓に向けて抜けるリビングのインテリアは、自分のためにもっとも力を入れた場所。日々、癒やされています」

とはいえ、いわゆるほっこり部屋とは一味違う。くすんだ赤がインパクトあるジャスパー・モリソンの初期作品のラウンジチェア、天井や床を走るウッドパーツを連ねた〈ブレス〉の延長コード、正田啓介率いる〈STUDIO THE BLUE BOY〉による枯山水をモチーフにしたモスグリーンのラグなど、この部屋のために集められたアートがよいスパイスに。

「作家性のあるものを選びたくて、常に探しています。海外からネット購入することも多くて、今は、キッチンの照明が届くのを待っているところなんです」

光は入るけれど、窓の外はグレーの壁だけという外界と隔絶した半地下のほどよく閉じこもった間取りが、後藤さんの審美眼をより引き立てているようだ。

後藤あゆみ ごとう・あゆみ

渋谷を舞台にしたデザインフェス「Design Scramble」などを主宰。ペイントからリアルな花まで扱うフラワーアーティストの顔も。

Photo: Yuka Uesawa   Text: GINZA

GINZA本誌バナー 202203

GINZA2022年3月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2022年6月号
2022年5月12日発売

GINZA2022年6月号

No.300 / 2022年5月12日発売 / 特別定価860円

This Issue:
洋服愛あふれるワードローブ紹介
クローゼットスナップ!

ZOOM UP
クローゼットの中身!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)