GINZA3月号「ミシェル・ゴンドリーの映画と夢のようなインテリア」編集 G

GINZA3月号「ミシェル・ゴンドリーの映画と夢のようなインテリア」編集 G

レディが憧れるお部屋は、
映画の中にありました。

好きな映画があります。ミシェル・ゴンドリーの『ムード・インディゴ~うたかたの日々~』。原作は、ボリス・ヴィアンの小説『日々の泡』。かつてこの本をもとにして描かれた岡崎京子さんの漫画もあるので、知ってる~!という人も、少なくないのではないでしょうか。
ヴィアンは、この世には2つのものだけあればいいと言います。それはかわいい女の子たちとの恋愛と、デューク・エリントンの音楽。ほかのものは消え失せたっていい、醜いだけなのだから。そんな序文で始まる、悲痛な愛の物語。
資産家のコランは働かなくても生きていけるほどのお金持ちで、専属の料理人ニコラと言葉を理解するネズミと、パリの広いアパルトマンで暮らしています。夢のように豊かな生活を送る彼は、とあるパーティで美しい娘クロエと出会って恋におち、結婚。幸せ絶頂の最中、“肺に睡蓮の花が咲いてしまう”という不思議な病がクロエを襲い、高額な治療費のために経済的な余裕がなくなっていくコランは、働くこと、人を愛すること、生きるとはなにかということを、観る者に問いかけてきます。
物語の素晴らしさもさることながら、この幻想的な世界を見事に映像化したゴンドリーによる作品はとても美しく、劇中のインテリアはまるで夢のよう。太陽の光をきれいに反射する真鍮の蛇口がたくさん並ぶ廊下、コランの発明品である、演奏するとカクテルを作ってくれる「カクテルピアノ」が置かれた部屋、新鮮な野菜が作られるキッチンの引き出し。ヴィアンの世界が、見事に具現化された素晴らしい映画です。
このように、映画の中には憧れのインテリアを堪能できる作品が数多くあります。そんな映画を選りすぐって、「映画の夢見るインテリア」(P74〜)という特集を作りました。残念ながら、『ムード・インディゴ~うたかたの日々~』は紹介していないのですが(ぜひDVDで観てください!)、本誌で紹介したのは24作品。どれも素晴らしいものばかりです。あなたにとって夢中になれる世界が、きっと見つかりますように。

インテリア エディター

編集 G

 

GINZA 最新号(3月号)は、2019年2月12日(火)発売!

GINZA最新号は以下から購入できます!

スクリーンショット 2017-02-16 9.37.38amazon-btn

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年10月号
2019年9月12日発売

GINZA2019年10月号

No.268 / 2019年9月12日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
知りたいのは IN&OUT ワードローブ計画 2019AW

秋冬は何を着ればいいの?
知りたいのはINなスタイル!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)