THIS ISSUE:GINZA5月号 『WHAT IS INTELLIGENCE 「知的な服」ってなんだろう』特集

「カワイイ」のその先へ
品格、知性、アティチュード…
「フィロソフィー」のある服とは。

惜春の候、みなさまお変わりなくお過ごしでしょうか?「知性を感じさせる服」な1冊ですから、ご挨拶ちょっとかためにしてみました。別れと始まりの季節を惜しみつつ、なんとなく服を選んでいた毎日にさようなら。
今回はGINZA的な「フィロソフィー」のあるスタイルを考えた特集です。賢そうに見える、とはまた意味合いが違います。生き方がかっこいい先人のファッション、デザイナーの思考、色、アイコン、いろんな方向から、break it down!第二特集の「ユーモアがなくっちゃね」では180度違うベクトルでおしゃれの楽しさを紹介しています。ほかにはユーミンのロングインタビューなど全力疾走な5月号、お楽しみください(編集A)

 

GINZA 最新号(5月号)は、2018年4月12日(木)発売!

GINZA 知的 ファッション

かつてパリのカフェで議論に花を咲かせた実存主義者たちは黒いタートルネックを愛したという。ビート族も好んだ黒という色は、セクシャリティを超える理性の色であり、何かを決断させる色でもある。

 

GINZA 5月号 ファッション

品格を持ち、理性的でいるためには、もちろん自ら知識を蓄えるべく勉強し、努力しなければならない。でも、服がそれを助けてくれる時がある。強い信念に基づいた服ならば。

 

GINZA 5月号 ファッション

確固とした信念、フィロソフィーを持つ人の 装いは素敵である。そんなロジックから、 スタイリスト上杉美雪さんと共に導き出したのは、 活躍した時代もキャラクターも異なる 4人の女性に学ぶ、知的ファッション考察。

 

GINZA ギンザ 5月号 ファッション

知的な女性は、自身の個性の生かし方もよく知っている。仕事も装いも、信じた確固たる”スタイル”を貫き、時代を超えて輝き続ける7人にクローズアップ。おしゃれの法則を紐解けば、知とファッションの関係が見えてくる。

 

GINZA 5月号

無駄を削ぎ落とした端正な佇まいに知性が息づくアイテム。 それらは歴史やストーリーに裏打ちされたベーシックであり、 クラシックでありながら、時代を超越する魅力を持っている。

 

GINZA 5月号

職業によってドレスコードはあるし、日々のTPOだってある。毎朝それを考えながら、 働く女性は「今日の戦闘服」を選んでる。モチベーションをあげるために 自分自身が心地良くいられることは必須項目。ならば、細々した条件を満たす洋服って一体…? その答えを探しながら行き着いた13ブランドには、ヒントがきっと隠されている。

 

GINZA 5月号

ポインテッドやスクエアトゥなどシャープなフォルム、ヒールは10cm以下、 上質な素材に大人な色合いのパンプスこそ、パスカル気分な足元を彩ります!

 

GINZA 5月号

「知性のあるスタイル」にはデザインはもちろん大切だが、 「色」も同じくらい重要なファクター。ここではその基本色であるネイビーと ベージュの効果を探求。さらに今っぽくモダンに取り入れる方法も伝授します!

 

GINZA 5月号

聡明、品格、インテリジェンス。そんな言葉が似合う女性になるための法則を考えるべく、編集部員やエディターをはじめ、各職業の 識者へのリサーチを実施。そのお仕事ならではのスタンダードな演出術が明らかに!? さらにご意見番にも語ってもらいました!

 

GINZA 5月号 ユーミン 荒井由美 松任谷由美

松任谷由実さんが、デビュー45周年を記念したベストアルバム『ユーミンからの、恋のうた。』とともに登場。インタビューに答えてくれた。歌の世界観をGINZAの視点で撮り下ろしたヴィジュアルとともにお届けする。

 

GINZA 5月号

黒電話にカバー、鏡台にカバー、ドアノブにカバー……、カバーリング文化が隆盛だった昭和のニッポン。 そのDNAは脈々と受け継がれ、今日でも雨の日のショッピングバッグに、書籍にとカバーを事欠かない。 ファッションではどうだろう? そもそも洋服とは肉体をカバーすること。私たちの生活に存在する あらゆるものやことの視点をずらして見てみたら、それぞれがファッションとして昇華し始めた。 ファッションボーダーレス時代、あらゆる可能性を求めてユーモアをカバーしてみよう。

 

GINZA 5月号

普段、何気なく袖を通しているお気に入りの洋服。その1枚があなたの手元へ届くまでに、どれだけのストーリーが隠されているか知っていますか?デザイナーのコンセプトと表現の仕方、生産の背景、流通、販売までのさまざまな方法など、いろんな隠れたメッセージが込められています。そんなことを知れば知るほど楽しくなるのがファッションの醍醐味。大学の研究者から世界中のニュースをつかむ記者、さらにはGINZA編集部注目のアナウンサーに取材したり…ファッションの世界を取り巻くあらゆることを研究しました。その成果をここに発表いたします!

 

GINZA 5月号 メイク

メイクやシェイプアップで外見を変えられるのは周知の事実。 じゃあ、知性はどう演出する? ロジックと実践に基づく結論がここに。

 

 

GINZA最新号は以下から購入できます

スクリーンショット 2017-02-16 9.37.38amazon-btn