SEARCH GINZA ID

原宿駅そばにそびえ立つ、3次元的なカーブを描く大屋根が目を引く「国立代々木競技場 第一体育館」:東京ケンチク物語 vol.18

原宿駅そばにそびえ立つ、3次元的なカーブを描く大屋根が目を引く「国立代々木競技場 第一体育館」:東京ケンチク物語 vol.18

ライヴで行ったことがある!という人もいるはずの、原宿駅そばの体育館。1964年の東京オリンピックのために建てられた、世界の建築史に残る名作です。#東京ケンチク物語


国立代々木競技場 第一体育館
YOYOGI 1ST GYMNASIUM

国立代々木競技場 第一体育館

原宿駅から代々木公園の辺りを歩けばすぐに目に入るから、その存在を知っている人は多いはず。3次元的なカーブを描く大屋根が目を引く「国立代々木競技場」。1964年に開かれた東京オリンピックの会場として建てられた、2つの体育館と付属棟からなる複合施設だ。設計の丹下健三は、20世紀後半に各地で大プロジェクトを手がけた、世界的にも名高い建築家。都内でもほかに「東京都庁舎」や「フジテレビ本社ビル」などを設計しているが、ノりにノっていた50歳前後の頃に携わっていたこちらは、中でも会心の一作だ。

競技場内でいちばん大きく目立つ建物で、今ではイベントアリーナとしても使われる「第一体育館」は、元は水泳の競技場。約1万3千人を収容する巨大な競技施設だが、丹下がこだわったのは内部を一切柱のない空間にすること。選手と観客を包み込み、競技の興奮を一体になって味わえる場所にするためには「遮るものがない」方がいいと考えたのだ。〝巨大空間なのに無柱〟という無理難題を実現したのは、当時、世界にほとんど例のなかった〝吊り屋根構造〟。その名の通りに屋根を吊る、吊り橋に似た構造で、この「第一体育館」では、高さ40mの脚柱2本を1​2​6​mの間隔で立て、その間に直径33cm、総重量2​5​0トンのメインケーブルを2本渡してある。このケーブルの両端を地中まで伸ばし、コンクリートの塊で押さえることで屋根を引っ張り上げ、メインケーブルから直角方向へと鉄骨の梁を渡して屋根板を貼っているのだ。

さらに、こうしてできた複雑な形状の大屋根の下には、三日月型の観客席を2つ、中央の競技フロアを囲んで少しずらすようにして配置した。大空間にいても出入り口が直感的に把握できるつくりだから、大勢の観客の流動もスムーズというわけだ。画期的な構造がそのまま建物の造形美につながっていて、かつ空間そのものも平面・断面の両方でよく練り上げられている。否の打ちどころがなさすぎて、何度訪れてもただただ感動させられる建物なのである。延期にはなったが東京2020オリンピックでも再び競技場のひとつとして使われる予定。2度目のオリンピックを迎えさせてあげたい、東京が、日本が、世界に誇る建築遺産だ。

国立代々木競技場 第一体育館

住: 東京都渋谷区神南2-1-1
Tel: 03-3468-1171
www.jpnsport.go.jp/yoyogi

JR山手線原宿駅、東京メトロ明治神宮前駅より徒歩5分。

画期的かつ挑戦的な構造を生み出したのは、丹下とよくタッグを組んだ構造設計の大家・坪井善勝。さらに、その構造上、屋根に空調設備などを仕込むことができないという難題を、こちらも設備の大家・井上宇市による設備設計でクリアした。建築・構造・設備と三拍子そろった設計を、およそ18カ月という、現在に照らし合わせても驚異的な短い工期で完成までこぎつけた。並々ならぬ熱意のこもった建築だ。

Illustration: Hattaro Shinano Text: Sawako Akune Edit: Kazumi Yamamoto

GINZA2020年11月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年12月号
2020年11月12日発売

GINZA2020年12月号

No.282 / 2020年11月12日発売 / 予価850円(税込み)

This Issue:
新鮮なアイテムが必ず見つかる!
メンズ服の可能性

いま気になるのは
メンズファッション

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)