SEARCH GINZA ID

北欧デザインに潜む、静かなるアンチテーゼ。アルヴァ・アアルト──もうひとつの自然

北欧デザインに潜む、静かなるアンチテーゼ。アルヴァ・アアルト──もうひとつの自然

日本では北欧デザインがほんとに人気。なかでもフィンランドのデザインの代表格といえば、建築家のアルヴァ・アアルト。その建物を知らなくても、シンプルなスツールや、イッタラから出ているガラス器をみれば、あ、このデザイン!とわかるだろう。
世界を巡回してきたアアルトの大回顧展が、満を持して日本にもやってきた。神奈川県立近代美術館 葉山で2018年11月25日まで開催されている。


代表的な三本脚のスツール。現在も同じデザインのまま生産され続け、四本脚のスツールもある。
アルヴァ・アアルト《スツール 60》1933年 Stool 60, Alvar Aalto, 1933
©Vitra Design Museum photo: Jürgen Hans

アアルトの特徴といえば、有機的なフォルムと木の使い方。日本の建物の多くは木造なので、自然に近い素材や形には馴染みがあるしホッとする。でも、そのデザインは静かなるアンチテーゼでもあったのだ。アアルトが頭角を現した1920-30年代、世界はコンクリートとガラス、鉄で作りあげるモダニズム建築に湧いていた。新しい人工的な素材で、大量生産をする建築こそが未来を切り拓くニュースタンダードとして礼賛されたのだ。一方で、木造や自然素材は、むしろ時代遅れの古いものとして見捨てられつつあった。急激に変わっていく建築に疑問を感じたのだろう、アアルトは自然が持つ有機的な線や木のしなやかさを一貫して自身の作品に取り入れていく。


奥の写真が、代表作のひとつ「ニューヨーク万国博覧会フィンランド館」。
photo by Petri Artturi Asikainen

ニューヨーク万博でのフィンランド・パビリオン(1939年)は、うねうねとした線を描く木のルーバーから、美しい光がこぼれる。そして、《ヴィープリ(ヴィーボルク)市立図書館》は、木で仕上げた天井が波打っている。木漏れ日や波など、自然の造形がエレガントに再現されていて、さすがと言うしかない。


アルヴァ・アアルト《ヴィープリ(ヴィーボルク)市立図書館》1927-1935年 カレリア(現ロシア)
Viipuri (Vyborg) City Library, Vyborg, Karelia (today Russia), Alvar Aalto, 1927-1935
©︎Alvar Aalto Museum photo: Gustaf Welin

実際、有機的な線や面のデザインはかなり難しい。私も設計の一端を経験したからわかるけど、直線や平面はある程度合理的な計算ができるし、根拠も説明しやすい。でも、曲がった線や面は、可能性が無限なぶん、適当に引いた線なんじゃないの?なんて趣味趣向に走ったように思われがちで、気がひける。それを積極的に使うのは、合理主義が一番とされていた時代にあって、かなり大胆な選択だったろうと想像する。


photo by Petri Artturi Asikainen


展覧会場のアアルト ルーム。壁の写真に写る人が、アトリエでのアルヴァ・アアルト本人。
photo by Petri Artturi Asikainen

この展覧会では同時代のアーティストとアアルトが刺激し合っていた部分にも光を当てている。ハンス・アルプやフェルナン・レジェなど、アーティストの実験的かつ自由な発想は、きっとアアルトを勇気づけてくれたに違いない。
会場には、建築の資料だけでなく家具やプロダクトもたくさん。プライウッド(合板)のしなりを生かした滑らかな線を描く家具は、身体にも無理なくフィットするうえ、美しい。


プロダクトの展示風景。
photo by Petri Artturi Asikainen

とくにうれしいのが、実際に座ったり触ったりできる体験スペース「アアルト ルーム」があること。アアルトのデザインが今も現役の商品として作られているからこそ実現できることだ(現在も生産を担うイッタラとアルテックの協力による)。ぜひ自分の身体で確かめてほしい。


海辺に立つこの美術館ならではの美しい風景とともに、アアルトの家具を体感!
photo by Petri Artturi Asikainen

目にも身体にも優しいアアルトのデザインは、ナチュラル&オーガニックがもてはやされるようになった今の時代にぴったり。ずいぶん先を読んでいたともいえるが、たぶんそれだけじゃない。アアルトはヒューマニズムを信じ続けたからこそ、機械化や合理主義全盛期の中でこれらを生み出すことができた。その強さこそ、彼のデザインをタイムレスなものにしているのだと思う。

 

アルヴァ・アアルト――もうひとつの自然
会期: 開催中~2018年11月25日(日)
開館時間: 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日: 月曜
会場: 神奈川県立近代美術館 葉山 第2・3展示室

柴原聡子

建築設計事務所や美術館勤務を経て、フリーランスの編集・企画・執筆・広報として活動。建築やアートにかかわる記事の執筆、印刷物やウェブサイトを制作するほか、展覧会やイベントの企画・広報も行う。企画した展覧会に「ファンタスマ――ケイト・ロードの標本室」、「スタジオ・ムンバイ 夏の家」など

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)