SEARCH GINZA ID

ゆうたろうが〈ロエベ〉ハンモックバッグとこの春行きたい「bloc japon」

ゆうたろうが〈ロエベ〉ハンモックバッグとこの春行きたい「bloc japon」

〈ロエベ/LOEWE〉のアイコン「〈ハンモック バッグ〉が似合いそうな人」をお題に、アイナ・ジ・エンドさんから始まったスナップリレー。DJ/ビートメイカーのLicaxxxさんが、「フォルムの変化や絶妙な色柄を楽しめるだろう人」と紹介してくれたのは、俳優やモデルとして活動するゆうたろうさん。「ドローストリング ハンモックバッグ ミニ」を持った私服スナップとともに、このバッグを携え出かけたい場所を教えてくれました。


Licaxxxから
「ハンモック」を持ってほしい人リレー

Licaxxxさんとは兄弟のように仲良し。似合いそう、と言われたロエベは「これから挑戦したいブランド」だった。この日はバッグを起点に服装を考えた。

「大人っぽい印象のあるブランドですが、このバッグのようにデザインに“丸み”がある。オーバーサイズのジャケットにショートパンツを合わせて、そのバランス感覚を表現してみました」

ドローストリング ハンモックバッグ ミニ ¥254,100/その他*本人私物

ドローストリング ハンモックバッグ ミニ

カラー: ASH GREY
サイズ: W11×H19.5×D17cm
¥254,100

 

ハンモック バッグを持って行きたい
都内の場所は?

〈ロエベ〉を語る上で欠かせないキーワードが、“クラフトマンシップ”。1846年にスペインで創業以来、卓越した職人技に裏打ちされた製品を生み続けているからこそ、遊び心のあるデザインも映える。

ゆうたろうさんが都内でクラフトマンシップを感じる場所は?ハンモックバッグを持ってこの春出かけたい、とっておきの場所を教えてもらった。

「ヘアサロンのbloc japon。母が美容師だったため自宅で切ってもらっていたのですが、ここは初めて通い続けているサロンなんです。木暮さんという方に6年ほど担当して貰っているんですが、その日のイメージを伝えたらすぐに理想のスタイルにしてくれる。さすが職人!と毎回感動します。ヘアサロンなのにバーやDJブース、ミラーボールがあったりと、空間にもこだわりが詰まっているので、訪れると非日常を感じられるのも嬉しい」

ゆうたろう

1998年広島県出身。2016年日本テレビ『マツコ会議』に出演し、「ジェンダーレス男子」として注目を集める。数々の映画・ドラマに出演する他、ラジオでパーソナリティも務めている。

Photo: Wataru Kitao (yutaro), Miyu Yasuda (bags) Text&Edit: Itoi Kuriyama Text: GINZA

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

MAGAZINE

2022年6月号
2022年5月12日発売

GINZA2022年6月号

No.300 / 2022年5月12日発売 / 特別定価860円

This Issue:
洋服愛あふれるワードローブ紹介
クローゼットスナップ!

ZOOM UP
クローゼットの中身!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)