SEARCH GINZA ID

女優・山田真歩インタビュー:GINZA編集部が今会いたい!

女優・山田真歩インタビュー:GINZA編集部が今会いたい!

新しい役を演じる時、
その人がどんな音楽を聴き
何を食べているかを想像するんです

「『フレンチ・カンカン』みたい!」とミュウミュウのドレスをうれしそうに広げて踊り出したかと思ったら、真顔で太極拳。最後はしっとりと白鳥のポーズ。ドラマ『あなたの番です』で謎多きライター・木下あかね役を演じ、クールで神秘的な存在感を放っていた山田真歩さんが、カメラの前で楽しそうに動く姿はなんだか新鮮だった。

「太極拳は、毎朝6時半に近所の公園でおじいちゃんたちがやっている輪に入れてもらって覚えました。体を動かすのが昔から大好き。小さい時はバレエと新体操、今は日本舞踊を習っています。役者を始めたばかりの頃、緊張で固まった体をほぐすために、トイレでこっそり踊ってからオーディションに行ってましたね。音楽を聴いて暴れる、という表現が正しいかもしれませんが。最近は一人でトイレに籠もることもなく、みんなの中でくつろげるようになりました」

小学校教師の両親のもと、三人兄弟の真ん中っ子として育つ。山田家には、少し変わったルールがあった。歯は塩で磨く、お米は白米でなく玄米。子どもの頃に観てもいいテレビ番組は『クイズダービー』と『世界名作劇場』のみ。

「学校で友だちが盛り上がっているドラマの話とか『あの芸能人に似てる』って会話に一切ついていけなかったですね。クイズダービーに出演していた井森美幸さんやはらたいらさんが、私にとっての数少ない芸能人でした」
大学生になった山田さんは、面白い人がたくさんいると聞いて、隣の大学の演劇サークルに入部。芝居を愛する刺激的な仲間たちと出会い、夢中になって稽古に励んだ。卒業後、役者を目指す道も頭をよぎったが、小さな出版社に就職。4年間、編集者として働いた。

「編集者時代は、たくさんの本を担当しました。憲法、介護、絵本、浮世絵……ジャンルもさまざま。著者が作りたいものを裏方として実現していく仕事は学ぶことも多かったし、本が完成する瞬間は素直にうれしかった。でもふとある日、演技をしていた時ほど、感情が揺さぶられていないことに気づいてしまったんです。演技は自分の体、表情、言葉、すべてを使って表現するから、出演した作品の評価はすべて自分に返ってくるし、悔しい、うれしい、という感情も強くこみ上げてくる。やっぱりお芝居がしたい、と。遅いスタートだとは思いましたけど、役者をやるために、会社を辞めました」

決意したのが28歳。かつてのサークル仲間が監督する作品に誘われ、はじめて映画に出演した。それをたまたま観ていた入江悠監督から、当時話題になっていた『SR サイタマノラッパー』続編へのオファーが舞い込む。群馬のこんにゃく工場で家業を手伝う退屈な日々に嫌気がさし、学生時代の仲間とラップグループを再結成すべく奮闘する、主人公アユムの役だ。

「入江監督は、出版社で働きながらお芝居をやりたいと思っていた私の経緯をなぜか知っていて、『これは山田真歩のドキュメンタリーなんだよ』って言ってくれたんです。それまでラップに触れたことはなかったけど、決められたリズムや言葉の中に自分の気持ちを込めて歌うのは、演技と似てるなと思いました」

女優人生の順調な滑り出しに思えたが、すぐに壁にぶつかった。

「私の両親は子育てにおいて、誰かと誰かを比べて評価するとか、そういうことを絶対にしない人でした。おかげで私もだいぶマイペースに育って。でも役者なんて人前に出て比べられる連続じゃないですか。はじめて、人と比較して自分を卑下してしまう辛さを知りました。自由に書いてたブログも、これを書いたらあの人にどう思われるんだろう…とか、どんどん人の目を気にするようになって書けなくなりました。そんなこと、普通はもっと若い時期にみんな経験していると思うんですけど(笑)」

だが辛い時に山田さんを救ってくれたのも、また芝居だ。

「何度も何度も、役に助けてもらってきました。ありがたいことに、今まで素晴らしい役をたくさんいただいてきたので、それが光というか。たとえば、向田邦子さん。彼女のような凛としたたくましく生きる女性を演じるなら、くよくよ落ち込んでる場合じゃない。彼女の魅力をちゃんと伝えるためにもっと頑張らなきゃと、力が湧いてきました。今でも落ち込むことはありますけど、『自分のベストを尽くすだけだ』と思えるようになって楽になりました」

そんな話をしながら山田さんは「こういうことがやりたいと思って」とカバンから何十枚もの付箋が貼られた小説を取り出した。

「最近読んだ、ハン・ガンという韓国の作家さんの『菜食主義者』という作品なんですけど。気に入った仕草や台詞に付箋を貼っているんです。ノートに写したり、線を引くこともありますよ。演技に関しては、違うジャンルからインスピレーションを受けることが多いです。本以外にも、たとえば音楽。クラシック、ロック、ヒップホップとか、特有のリズムがあるじゃないですか。人間にも人それぞれ違うリズムがあって。最近は、新しい役をいただいた時に、まずその人がどんな音楽を聴いて育ったかを想像するんです。あとは、ふだん何を食べているか」

たとえば2年前にドラマ『架空OL日記』で演じた、生真面目な先輩OL酒木さんは何を聴いていたの?

「中森明菜かサザンオールスターズあたり。あとは日本酒好き」とすぐに返ってきた。

現在、山田さんは月9『シャーロック』で、佐々木蔵之介さん演じる江藤警部の部下、小暮クミコ巡査を演じている。まだ撮影は始まったばかり。クミコがどんな音楽を聴き、何を食べているのか探っている最中だという。

女優 山田真歩

ドレス ¥399,000、パール×クリスタルロングイヤリング ¥31,000、パンプス ¥124,000*すべて予定価格(以上 ミュウミュウ | ミュウミュウ クライアントサービス)

山田 やまだ・まほ

1981年東京都生まれ。役者の道に進む前は出版社に勤務していた。学生時代のサークル仲間に誘われ『人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女』でデビュー。そのほかの出演作に、映画『SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム』『ヒメアノ〜ル』『アレノ』、ドラマ『花子とアン』『あなたの番です』などがある。放送中のドラマ『シャーロック』に小暮クミコ巡査役で出演。

Photo: Yasuhide Kuge Styling: Babymix Hair&Make-up: Ryota Nakamura (3rd) Text: Satoko Muroga (RCKT)

GINZA2019年11月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2020年4月号
2020年3月12日発売

GINZA2020年4月号

No.274 / 2020年3月12日発売 / 特別定価860円(税込み)

This Issue:
花とファッション

どんなときでも
花と一緒!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)