SEARCH GINZA ID

気鋭の凹凸コンビ・コウテイの七変化。新感覚なスタイルに挑戦

気鋭の凹凸コンビ・コウテイの七変化。新感覚なスタイルに挑戦

〝超不完全究極肯定完全感覚奇天烈漫才〟というキレキレの芸風と、テレビで見せる突飛な発言で人気上昇中の若手お笑いコンビ・コウテイにギンザがラブコール!おなじみマオカラーを脱いでファッションシューティングに挑みました。



【右:九条さん】シャツ ¥29,700、ニットベスト ¥27,500、パンツ ¥24,200(以上フォーサムワン | エドストローム オフィス)/ベレー帽 ¥44,000(エントワフェイン オム | エントワフェイン)/ローファー ¥159,500(ジェイエムウエストン | ジェイエムウエストン 青山店)
【左:下田さん】シャツ ¥28,600、ニットベスト ¥30,800、キャップ ¥15,400(以上ストックホルム サーフボード クラブ | エドストローム オフィス)/トラウザーズ ¥39,600(シュタイン | エンケル)/ローファー ¥126,500(ジェイエムウエストン | ジェイエムウエストン 青山店)/ソックス*スタイリスト私物

「普段の僕の服装、こんな感じです!シャツも似たようなの持ってるし。春は気持ちが上がるので、明るい色や柄に目が向くし、女性が着ているのもかわいいですよね。花柄のワンピースに果物が入ったバスケットを抱えたお嬢様、なかなか出会えないですけど。女性自身が“華”だから、華に花で束になる。男の僕は強いていうなら大きな墓石。そういう意味では男女の関係の理想型はお盆、またはお彼岸?」(九条ジョー)。

「これは……すごいですね。一言でいうなら『髙島屋ウォーキング』。難波の劇場の近くにあって高級なイメージ。よく雀荘の金持ちがこんなん着てますよ。めっちゃ見たことある。ゴルフやたら上手そうやし。でもほんまに大丈夫かな、雑誌のタイトル変わっちゃうんじゃないですかね。九条は『GINZA』やけど、ワシは『AKABANE』に載るのかな?」(下田真生)。


【右: 九条さん】ニットシャツ ¥71,445(ボーディ | マッチズファッション)/パンツ ¥131,400(ラフ・シモンズ | ファーフェッチ カスタマーサービス)/中に着たシャツ*スタイリスト私物
【左: 下田さん】ニットベスト ¥167,800(ラフ・シモンズ | ファーフェッチ カスタマーサービス)/ボーダーロンT ¥29,700(ダイリク)/スウェットパンツ ¥25,300(ディーゼル | ディーゼル ジャパン)

「このクロシェ編みのシャツ、コースターみたいでかわいいですね。パンツはカットソーとドッキングしてる。普通のパンツだとシンプルすぎるから、こういう風に外すのが正解かも。僕のワードローブは落ち着いた色合いが多いんですけど、アメ村の古着屋で買ったキューバシャツとか、原色もちらほらあります。古着にハマったのは3年くらい前で、たまたま引っ越し先の近くに『セカンドストリート』があったから。コントの女装の衣装などはそこで調達しました」(九条)。

「僕、セーターって全然着ないんですよ。昔彼女にもらったヤツ、1枚だけかも。それも体型がだいぶ変わっちゃったから、もう着られへんねんけど。このベストの感想?ホグワーツ魔法学校。っていうかよく見るとガタガタやん、お母さんに縫われちゃうで〜!あと中に着た服、めっちゃ袖長くてごはん食べづらそうやな〜ってすみません、服は実用派なんで。でもこんなん着てデートなんか出かけたら、楽しいんやろうな。寒い日に袖の中で手つないだりして」(下田)。

【右: 九条さん】トップ ¥35,200、スニーカー ¥24,200(共にディーゼル | ディーゼル ジャパン)/中に着たロンT ¥14,300(ザ・ノース・フェイス パープルレーベル | ナナミカ マウンテン)/ジャンプスーツ ¥112,200(イザベル マラン オム | イザベル マラン)
【左: 下田さん】トップ ¥35,200、ショートパンツ ¥25,300(共にディーゼル | ディーゼルジャパン)/中に着たロンT ¥9,900(リフィル | リフィル カスタマーサービス)/キャップ “PLAY IS WORK” ¥6,490(ザ ファクトリー メイド | 中央帽子)/シューズ ¥31,900(オルフィック | アルファ PR)/ソックス*スタイリスト私物

「つなぎはホンジャマカの石塚さん専用ってイメージが強くて実はあまり着ないんですけど、これは作業着っぽく見せないオフホワイトが絶妙だなと。トップは舞台衣装の臙脂色に近いボルドー。古典に出てきそうな色とか、冠位十二階の上の方の色、好みです。さりげなくラインが入っているのもいい。こういうシックな色に白系のアイテムを合わせるのは、私服のコーディネートに近いです」(九条)。

「『パンツ』ってなんですか? パンツは下着で、上にはくのは『ズボン』です、『ズボン』。呼び方落ち着かんわ〜。しかもこの半ズボン、ほぼ水着やん!それにしてもオシャレって、ほんまに全然わかんないですね。イタリアのブランド?ジローラモとかがはくやつ?これにキャップかぶったら、“中学生の野原しんのすけ”やないかい(笑)」。(下田)

 

インタビューや私服スナップは本誌でチェック!

コウテイ

生年月日出身地非公開の九条ジョーと、1993年鹿児島県出身の下田真生によるコンビ。2021年ytv漫才新人賞準優勝。昨年末の「KTIお笑いグランプリ」は大きな話題を呼んだ。MBSラジオ『コウテイの銀蛾・流電音』公式ファンクラブ「蟲衆楽」も運営中。

公式ファンクラブ

Model: Koutei Photo: Kaoli Styling: GINZA Hair&Make-up: Rino Ujikawa (mille management) Text: Hiroko Yabuki Cooperation: Setsuko Morigami

GINZA2022年5月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2022年6月号
2022年5月12日発売

GINZA2022年6月号

No.300 / 2022年5月12日発売 / 特別定価860円

This Issue:
洋服愛あふれるワードローブ紹介
クローゼットスナップ!

ZOOM UP
クローゼットの中身!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)