現代に取り入れたい伝統文化「重陽の節句」。器に菊の花を生けて、秋を迎えよう

現代に取り入れたい伝統文化「重陽の節句」。器に菊の花を生けて、秋を迎えよう

古く中国より日本に伝えられた菊の花。最近ではヨーロッパで品種改良されたマムも加わり、秋になると花屋の店先には色んな種類の菊がずらり。今回はそんな菊の花を身近な器に生けてみました。クラシックな雰囲気を残しつつ、ヨーロッパで垢抜けた菊たちは、日本の器はもちろんヨーロッパの器とも好相性です。

 

重陽の節句

 

菊の花 重陽の節句

9月9日は“重陽の節句”。別名菊の節句とも言われるこの日は、端午の節句や七夕の節句と並ぶ五節句のひとつです。平安時代に中国より伝わった重陽の節句は、江戸時代には市井の人々も広く浸透し、9月9日には菊の花を飾り、酒に菊の花びらを浮かべた菊酒を飲んで健康と長寿を願ったそうです。重陽の節句を皮切りに、いよいよ菊は花盛りを迎えます。


 

器と菊の花

【花を生ける前に】

菊はもともと花もちの良い花ですが、水揚げの一手間でより長く楽しめます。花を買ってきたらたっぷりの水を張ったバケツの中で、茎を手で折って水揚げします。水が汚れる原因になる余計な葉を落としたら、生け込みスタートです。

 

【菊の生け方いろいろ】

Profile

大川枝里子 おおかわえりこ

着物スタイリスト・着付け師。おばあちゃん的暮らしに憧れて、骨董市巡りと暮らしの手仕事に勤しむ毎日。着物や昔ながらの暮らしの楽しみ方を紹介するwebサイト「kifkif」を運営。 

insta @kifkif.me

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年12月号
2019年11月12日発売

GINZA2019年12月号

No.270 / 2019年11月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ミュージシャンに夢中!

好きなミュージシャン
好きな曲

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)