SEARCH GINZA ID

菅田将暉×神木隆之介×仲野太賀『コントが始まる』5話「おまえ高校から時間止まってんじゃないの」

菅田将暉×神木隆之介×仲野太賀『コントが始まる』5話「おまえ高校から時間止まってんじゃないの」

『コントが始まる』(日本テレビ 毎週土曜夜10時〜)5話。いつものファミレス「メイクシラーズ」で 「マクベス」(菅田将暉、神木隆之介、仲野太賀)3人の心はバラバラになってしまった。「マクベス」を応援する里穂子(有村架純)も、妹との関係に望まない変化が訪れそうで……。すべての伏線は導入コント「カラオケボックス」にあった。ドラマもお笑いも大好きなゲーム作家・米光一成が、変調の5話を振り返る。


延長なんかしません!

「努力って報われると思いますか?」
里穂子(有村架純)に質問する春斗(菅田将暉)。場所は、第1話でふたりが出会った公園だ。
「努力した人は報われてほしいとは思いますけど本当に報われるかどうかは、正直分からないですね。」
第4話の里穂子の言葉が蘇る。「わたしががんばるからダメなのか、がんばりかたが間違ってるのか、なにがなんだかわかんなくなっちゃって」
悲しい。マクベスの解散が決定的になってしまった。

「お時間10分前になっておりますが」
「延長します」
「延長なんかしません!」

第5話は、コント「カラオケボックス」。カラオケボックス店員を春斗、カラオケボックスで痴話喧嘩中の不倫カップルを瞬太(神木隆之介)と潤平(仲野太賀)が演じている。
キーは、延長するかしないか。

里穂子は、麻雀好きの店長恩田光代(明日海りお)の言葉を、妹のつむぎ(古川琴音)に伝える。
「どっちに進んでいいか分からない手が一番危険な状態らしいよ。じっとしてるとろくなことになんないって」

奈津美(芳根京子)の元カレであり大会社の社長の小林勇馬(浅香航大)に、春斗はこう言われる。

「いつの話だよ。逆にまだ気にしてるって新鮮だわ。だっておれ結婚してんだぞ。おまえ、高校からずっと一緒にいるから時間止まってんじゃないの」

ここしか居場所ないんだろ

いまの状態を維持したい。延長したいという思い。

だが、いつものファミレス「メイクシラーズ」で決定的な瞬間が訪れてしまう。

「もう疲れたわ」

潤平は、心が折れている。バイトしてる雀荘で客から受けた屈辱や、真壁先生の説得力ある言葉(4話)で、続けたいという気持ちを失ってしまった。
潤平に向かって春斗が言う。

「やってみなきゃわかんねえだろ。おまえ実家だいじょうぶなんだろ、彼女もだいじょうぶなんだろ。(少しの間、瞬太に視線を移して)ここしか居場所ないんだろ。俺も実家だいじょうぶだよ。じゃあ続けりゃいいじゃん

潤平は反論しない。無表情で黙っている。もう熱く喧嘩することもできない。
春斗の怒りが爆発する。

「じゃあ、辞めたいって言えよ」

カメラは春斗の顔を映したまま、瞬太の唸るような声がかさなる。

「まいっちゃったなぁ」

涙を浮かべる春斗の視線が再び瞬太に向いて、カメラは瞬太の様子を映し出す。
瞬太は頭を抱えている。

中浜姉妹も解散

もうひとり決断した人物がいる。
妹のつむぎだ。

つむぎ「適当にバイトしながらマクベスにどっぷりつかった今の生活に明るい未来はないから」
里穂子「よけいなお世話。あなたよりはよっぽどましな生活だと思いますが」

と軽口を叩き合った後に、「実は報告がありまして」と妹はひっこしを決めたことを伝える。

「中浜姉妹も解散っていうことでご理解を」

妹は、部屋から出ていって今の生活を延長しないと決意した。
同時にそれは、姉の生活も大きく変わるということだ。
「信じらんない」とつぶやく姉は、まだその決意を受け入れられていない。心配だ。

コントのなかの不倫カップルに向けた言葉「まだ延長しますか?」。
姉妹で暮らすこと、コントグループを続けること。「コントが始まる」の登場人物は「延長しない」という決断を下した。
第6話、何を見つけ、何が始まるのか。

『コントが始まる』公式サイト(日本テレビ)

脚本: 金子茂樹
演出: 猪股隆一、金井紘
出演: 菅田将暉、神木隆之介、仲野太賀、有村架純、古川琴音、松田ゆう姫 他

主題歌: あいみょん「愛を知るまでは」

Profile

Writer 米光一成 よねみつ・かずなり

1964年生まれ、広島県出身。ゲーム作家。代表作は「ぷよぷよ」「はぁって言うゲーム」「変顔マッチ」等。
blog
twitter 

Profile

Illustrator オカヤイヅミ おかや・いづみ

漫画家・イラストレーター。著書に『いいとしを』『白木蓮はきれいに散らない 』など。趣味は自炊。
twitter

Edit: Yukiko Arai

菅田将暉×神木隆之介×仲野太賀『コントが始まる』5話

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年7月号
2021年6月10日発売

GINZA2021年7月号

No.289 / 2021年6月10日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
クリエイターたちの住居
夏のお部屋訪問

すてきなお部屋41軒
夏の家庭訪問です!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)