SEARCH GINZA ID

バランス巧者の私服SNAP。ダンニンさん「短所をも理解した自分だけの“エッジィ”な装い」

バランス巧者の私服SNAP。ダンニンさん「短所をも理解した自分だけの“エッジィ”な装い」

ファッションを見極める確かな目を持つ識者を「おすすめする人」として、身の回りにいる〝おしゃれバランスがいい人〟を推薦してもらった。さらに、推薦された「バランスがいい人」をポートレート撮影!それぞれに個性あふれる私服の装いは、オリジナルな魅力に満ちている。はたしてバランスのよさとはどこから生まれるのか?識者と推薦された人、双方のコメントから探ってみたい。


バランスのいい人

ダンニン

学生

「スージー・バブルのブログで〈SHUSHU/TONG〉を知り、デザインに対する美意識に共感しました。他によく着るのは〈シモーン ロシャ〉や〈ミュウミュウ〉、〈コム デ ギャルソン〉。たくさん持っているボリュームスカートは、フォルムを作りやすいし、お尻のシルエットが隠れるので私の体型と相性がいいんです。

どこか誇張された服を手にとる理由は、他の人と違う着こなしをしたいという想いから。可愛さとクールさのバランスさえキープすれば、日常的に取り入れられます。ランウェイスタイルが正解ではなく、自分らしくアレンジするのが大切。メイクも私のスタイリング要素の一つ。多少派手になったとしても、それぞれのルックにマッチしたヘアメイクを心がけています」

ダンニン

1997年、中国・華南出身。ロイヤルメルボルン工科大学でMAコースに通い、ファッションを勉強中。自身のセレクトショップを開くことが将来の夢。

おすすめする人

レイ・リュウシュウ&
ジャン・ユウトン

〈SHUSHU/TONG〉デザイナー

誇張されたファッションと
日常との偶然の出合いを引き寄せる

「どんなブランドの服を着ていても、ダンニンの装いはいつもプレイフル!単にキュートでドーリーというわけではなく、彼女なりのエッジィさが感じられます。その絶妙な感覚が、どんなに誇張されたアイテムも、ウェアラブルなおしゃれに仕上がる秘訣。独自のファッション美学が、日常との偶然の出合いを引き寄せているのでしょう。自分の体型の長所、短所をすべて理解した上で“どうやったら自分らしくこの服を着られるか”という考え方で服を選び、着こなしている姿に刺激を受けます。

私たちのコレクション制作においても、“ガーリー”と“クール”のバランスは重要。リボンや花柄、フリルなどの可愛らしいディテールは、構築的なシルエットと組み合わせるようにしています。すべてのシーズンにおいて、モダンさ、ストーリーに基づいたキャラクター、私たちの美学という3つの要素のバランスをとりながら、新しい美しさの形を提案しているんです」

レイ・リュウシュウ&ジャン・ユウトン

ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションのMAコースを卒業後、2015年に〈SHUSHU/TONG〉を設立。上海を拠点にコレクションを発表。

Photo: SHUSHU/TONG  Coordination: Yoshiko Kurata  Text&Edit: Sakiko Fukuhara

GINZA2020年5月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2022年10月号
2022年9月12日発売

GINZA2022年10月号

No.304 / 2022年9月12日発売 / 特別定価880円

This Issue:
最強スタンダード!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)