SEARCH GINZA ID

忙しい私たちに野菜と栄養を!簡単サプリ的 パスタレシピ vol.9 赤キャベツと大根のパスタ

忙しい私たちに野菜と栄養を!簡単サプリ的 パスタレシピ vol.9 赤キャベツと大根のパスタ

オーガニック先進国、ドイツはベルリンでヘルシーフードのケータリングをしているアッコさんより、簡単で美味しいパスタのレシピを働く人々のために毎月お届けします。

 

TODAY’S PASTA

赤キャベツと大根のパスタ

すぐできるシンプルなパスタですが旨味がたっぷり。冬野菜で胃腸を休めます。

材料
(1人前)

今回の材料

・パスタ100g (今回は普通のスパゲッティを使用)

・赤キャベツ 千切りまたはスライサーして片手山盛り

・大根おろし 大さじ大盛り2

・にんにく 半粒

・玉ねぎ 小 1/4

・唐辛子 小 1

・オリーブオイル

・塩  大1 と小1/2少々

・醤油

 

作り方

1.
赤キャベツは千切りに、大根はすりおろし、にんにくと玉ねぎはおろし金かバーミッ クスなどでペースト状にする

2.
鍋にお湯を沸かし塩大さじ1を入れパスタを茹でる

3.
フライパンにオリーブオイル大2を入れ、細かくした唐辛子、すりおろしたにんにくと玉ねぎを入れ弱ー中火でゆっくりとしっかり火が通るまで炒める

4.
そこに赤キャベツを入れ塩小さじ1/2を振って炒め、しんなりしたら味を見て塩を少し 強めに調節し火を止める

5.
パスタが茹で上がったら茹で汁お玉半分くらいと一緒にフライパンに加えキャベツと さっと絡め、皿に盛り付ける。

6.
大根おろしをのせ、醤油少々をかけて食べる

お皿: satoko kako

 

赤キャベツ (冬が旬)

βカロテンが皮膚や粘膜、喉や肺を強くする。免疫を高めるのでこの時期の風邪の予防にぴったり。ビタミンB1、B2、C、Kが豊富で皮膚、血行促進、疲労回復と代謝の落ちる冬に元気をくれる野菜。

 

大根 (11~2月が旬)

すりおろすことで酵素が働き発がん抑制作用や抗菌作用が生まれる。キャベツと同じく胃腸の働きを助ける効果も。ビタミンCは皮に近い方が多く含まれるのでよく洗って皮ごと すりおろすしても良い。ビタミンCは熱に弱いので生で食べたい。


玉ねぎ

血液サラサラ、血管を強くし、悪玉コレステロールを減らしてくれる。脂肪の吸収を抑える効果も。

あっこ(渡辺彰子)

渋谷で6年ちょっとおでん屋をしていたが、震災をきっかけに2012年よりベルリン在住。「ROKU Berlin(@roku_berlin)」としてベジタリアン~ヴィーガンのケータリングとレシピのお仕事。2月いっぱいまでベルリン・ノイケルンでヴィーガンのうどんとそばのポップアップショップをやっています。久しぶりにお店=スペースを持つことができて忙しくも楽しい日々。
【Organic noodle ROKU Udon・Soba Karl-Marx-Platz 17 12043 Berlin】

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2020年12月号
2020年11月12日発売

GINZA2020年12月号

No.282 / 2020年11月12日発売 / 予価850円(税込み)

This Issue:
新鮮なアイテムが必ず見つかる!
メンズ服の可能性

いま気になるのは
メンズファッション

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)